3日目です 
CIMG2346_convert_20101129005402.jpg
↑ 昨日の反省を生かして少なめの朝食です 
CIMG2349_convert_20101129005430.jpg
↑ 出発時の空です。3日目は晴ました  ガラスに写っているのがホテルです。

バスに乗ること2時間・・・
CIMG2371_convert_20101129005450.jpg
↑ ANTICA CORTE PALLAVICINA 生ハム工場です 
CIMG2372_convert_20101129005542.jpg
↑ 入口にいた豚さん 
CIMG2375_convert_20101129005617.jpg
↑ 放し飼いのクジャク達 
CIMG2376_convert_20101129005644_20101129012913.jpg
↑ 気持ちのイイ晴れ空です!
CIMG2379_convert_20101129005732.jpg
↑ お邪魔します 
CIMG2384_convert_20101129005750.jpg
↑ 入ってすぐはキッチンで、この大きな暖炉でお料理をしたそうです  
CIMG2386_convert_20101129015753.jpg
↑ 野菜のオイル漬けが並んでいたり・・・
CIMG2387_convert_20101129005846.jpg
↑ お鍋がかけてあったり・・・
CIMG2392_convert_20101129005917.jpg
↑ ここは客間。壁画によって部屋の用途が分かるそうです。

寝室などのお部屋を抜けて進んでいくと・・・
CIMG2397_convert_20101129010011.jpg
↑ 地下に下りる階段が・・・ 
CIMG2414_convert_20101129010049.jpg
↑ 壁天井いっぱいの生ハム!!
CIMG2417_convert_20101129010152.jpg
↑ 奥にもいっぱい!!
この場所で熟成中だそうで、ぶら下がっている札は注文主の名前が書いてあります!

大量の生ハムに驚きつつ、奥に進んでいくと何やら良い香りが・・・?
CIMG2423_convert_20101129010216.jpg
↑ 窓から光が差し込む開けた場所です。
CIMG2428_convert_20101129010345.jpg
↑ パルメザンチーズ!!(パルミジャーノ)
CIMG2425_convert_20101129010324.jpg
↑ この 「DOP」 という刻印がないとパルメザンチーズと名乗れないそうです 

奥の作業台で、生ハムの製造工程を目の前で職人さんが見せてくれました!
CIMG2441_convert_20101129010410.jpg
↑ 生ハム・パルメザンチーズ・ワインの試食飲でーす 
発泡性の赤ワインを初めて飲みました!飲みやすくて美味しかったです!
CIMG2445_convert_20101129010450.jpg
↑ お世話をしてくれた20歳の青年。名前は聞かなかったなー 

この後、お買い物をしてお昼のお店に移動です 
CIMG2447_convert_20101129012436.jpg
↑ 入口の豚さんと  左から私、O島さん、Tシェフ、Kさん。
CIMG2465_convert_20101129012506.jpg
↑ のんびりとした素敵な風景です。

パルマ市内に向けてバスで約20分。歩くこと10分くらい。
CIMG2485_convert_20101129012526.jpg
↑ TRATTORIA DEI CORRIERI 生ハムが有名なお店、とのこと。
CIMG2488_convert_20101129012543.jpg
↑ 店内の様子。(入店時)
CIMG2490_convert_20101129012611.jpg
↑ お水のボトル。ステキ!と思いましたが持ち帰るのは断念 
CIMG2492_convert_20101129012626.jpg
↑ パルマ産生ハムとチーズとパン。
CIMG2493_convert_20101129023031.jpg
↑ お皿から生ハムがはみ出しています 
CIMG2497_convert_20101129012707.jpg
↑ ポークロースト。ソースもポテトも美味しかった!が、かなりしょっぱい 
CIMG2498_convert_20101129012721.jpg
↑ デザートのレモンタルト。今度は甘い!
イタリア人はしょっぱいのが好きなのか、美味しかったんですが、
のどが渇いて仕方がありませんでした・・・ 
CIMG2494_convert_20101129012640.jpg
↑ 有名店ということですごい混雑です!(出店時)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kerosakakeroko.blog78.fc2.com/tb.php/400-b36364ff